FXの証拠金を初心者向けに解説~レバレッジの効用

FX(外国為替証拠金取引)を初心者向けに解説します。
FX取引ではまず証拠金というお金をFX業者に預けることによって取引がスタートします。

外貨預金や外貨MMFであれば、自己資金で取引金額の全てを賄う必要があるのですが、
FXの場合は証拠金という、一種の担保のような資金をFX取引会社に預けて取引を行います。
証拠金の金額は最低1万円、普通は10万円程度が多いようです。

この証拠金に対してレバレッジをかけます。
レバレッジとは、てこ(lever)の作用から転じて、
投資において手持ちの資金よりも多い金額を動かすことです。

これにより証拠金の10倍~最高200倍までの取引ができるようになります。
倍率は各取引会社によって異なりますが、最高レベルですと、
証拠金を10万円預けたのに対して最高で2000万円の取引が可能になる訳です。

このレバレッジがFXの魅力の一つではあるのですが、FXの初心者が慣れないうちから
高いレバレッジをかければ、リスクもその分高くなる訳ですから、まずは無理をせずに
10倍程の低目のレバレッジで様子をみて、FX取引の流れを把握することが先決です。

経験を積んでFXの初心者をそろそろ卒業する段階になったら、証拠金を増やしたり
レバレッジの率を上げて行けば、より多くの額の取引ができるようになります。

どうして、このようなシステムになっているのか言うと、為替レートの場合、
通常はそれほど大きな変動が起こらないので、キャピタルゲイン(為替差益)で稼ごうとしたら、
巨額の証拠金を預けなければ、うまみのある稼ぎを出す事が難しいからです。

そんなことが可能なのは資金力が豊富な、ごく一部分の財産家だけに限られてしまいます。
これからFXを始めようとする初心者には非常に敷居が高くなってしまいます。

そのため、信用取引きのような形で証拠金を預けてレバレッジをかけることにで、
誰でも取り組みやすくしているわけです。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FX副業で大儲け不労所得生活への必勝法

FX初心者でも確実に収益アップする最終兵器!

>>詳しくはこちら

FX副業で大儲け不労所得生活への必勝法 TOP » 初心者向け講座 » FXの証拠金を初心者向けに解説~レバレッジの効用