FXの税金とコストについて

FXの税金とコスト管理は重要です。取引がプラスになったからといって、
そこで得た利益が全額、自分の懐に入るわけではありません。

FX取引会社に支払わなければいけない手数料やスプレッド、さらには税金があります。
最初に手数料に関してですが、取引会社によって異なりますが、例えば1ドルの売り、
または買いで0.02円~0.4円あたりが相場です。

ですから1万ドルの場合は、概算で約200円~2000円ということになります。
外貨預金の際には同じ外貨取引であっても、1ドルあたりで片道で
約1円になりますので、仮に1万ドル扱えば1万円になります。

外貨預金と比べたらFXは非常に安いということです。
FXの場合は短期的に売買を繰り返す事が多い為、手数料は低くなっていますが、
安いからと安心して、小さい短期的な売買を繰り返しすぎると、利益がほとんど出ていないのに、
コストだけが累積されて、長い眼で見れば大して稼げていないという事態にもなりかねません。

2番目には、スプレッドというものが存在します。
これは実際の為替相場の価格と、取引価格との差です。

仮に、ドル円(USD/JPY)で売値115.05ー買値115.08という表示があれば、
売る際には0.5円、買う際には0.8円のスプレッドが発生すると思っていいでしょう。

スプレッドというのも取引会社によってかなり差があり、スプレッドと
手数料のトータル金額が取引時に発生するコストになります。

手数料が安いからという理由だけで会社を選んでも、スプレッドが高い、
(もしくはその反対の状況)ということを十分にありえますから、
特にFXの初心者の方は必ず手数料だけで判断せずにスプレッドも含めて
考慮した上で取引会社を選びましょう。

3番目が税金についてです。
通常の国内の金融機関への預金でも利子に対して税金発生するのと同じように、
FXの場合も、キャピタルゲインやインカムゲインは課税対象として処理する必要があります。

税金としては雑所得という扱いになる為、トータルでの利益が
20万円を超える際には確定申告をしなければいけません。

また、被扶養者になっている主婦の方がFXで50万円以上の利益が出た場合には、
扶養から外れなければいけません。FXの初心者の方も、可能な限り必要経費項目を
増やして払わなくていい、無駄な税金は抑えていかないとせっかくの利益がなくなってしまいます。

FXの書籍購入費、パソコン購入費、インターネット接続料等がFXに関連する控除費となっていますが、
簡単に必要経費として計上するためにはパソコンを購入されるのがいいでしょう。
もちろん、購入後は即時転売して経費を回収します(笑)

以上、FXの税金とコストについて、初心者が知っておくべき内容についてまとめてみました。

FX初心者でも確実に収益アップする最終兵器!

>>詳しくはこちら

FX副業で大儲け不労所得生活への必勝法 TOP » スプレッド